Research press release

神経線維変性の仕組み

Nature Neuroscience

How nerve fibres degenerate

ショウジョウバエとマウスの神経細胞にある、神経線維変性に重要な酵素が同定された。

脳の神経細胞をつなぐ軸索線維の変性は脳損傷や多くの神経疾患に一般的にみられるので、この研究は遺伝性ニューロパチー、緑内障に加えて、アルツハイマー病やパーキンソン病のような神経変性疾患の治療に重要になる可能性がある。

A DiAntonioらは、ショウジョウバエの触角を除去して嗅覚ニューロンの軸索を切断した。正常なハエでは残った軸索の断片が急速に崩壊したが、DLKという酵素を欠損したハエでは軸索が保存された。同様に、マウスの感覚神経細胞の軸索を切断するとすぐに変性が起こったが、DLKを欠損した神経細胞では軸索は切断後も分解しなかった。

An enzyme inside nerve cells that is crucial for nerve fibre degeneration in fruit flies and mice is identified in a paper online in Nature Neuroscience this week.

Degeneration of the axon fibres that connect nerve cells in the brain is common after brain injury and in many neurological diseases. This research may therefore prove important for treatment of hereditary neuropathy, glaucoma, and neurodegenerative diseases such as Alzheimer’s disease or Parkinson’s disease.? ?

Aaron DiAntonio and colleagues removed the antennae of fruit flies, thereby severing the axons of smell neurons in flies. In normal flies, the remaining axon fragments rapidly deteriorated, but in flies lacking the enzyme known as DLK, the axons were preserved. Similarly, the cutting of sensory nerve cell axons in mice usually leads to rapid degeneration, but if the nerve cells lacked DLK, their axons did not decompose after being cut.

doi: 10.1038/nn.2290

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度