Research press release

怖い記憶を消去

Nature Neuroscience

Erasing fearful memories

Nature Neuroscience(電子版)に、ヒトが恐怖の記憶を呼び戻さないようにする方法が発見されたとの報告が発表される。外傷後ストレス障害(PTSD)の患者の情動的な記憶を弱めたり消し去ったりするのに、βアドレナリン受容体遮断薬を用いた方法が効くのかもしれない。

動物モデルによる研究で、恐怖の記憶は思い出すことによって変更可能になることが明らかにされている。再固定化として知られるこの段階は、βアドレナリン受容体遮断薬で阻害されることもわかっている。M Kindtらは、軽い刺激を与えてクモの絵をみると恐怖の記憶を呼び起こすよう学習をした被験者に、β遮断薬であるプロパノールか偽薬を投与し、二重盲検比較試験を行った。Kindtらは、プロパノール投与群は、24時間後のクモの絵に対する恐怖反応が大きく低下することを見いだした。プロパノールを投与された被験者は恐怖反応がよみがえってくることも目立ってなかったので、恐怖の記憶は完全に消し去られたものと示唆される。

Scientists have discovered a way of preventing reactivation of fear memories in humans, reports a paper online this week in Nature Neuroscience. The method, using beta-adrenergic receptor blockers, could be useful for weakening or erasing emotional memory of patients with post-traumatic stress disorder.

Studies in animal models have shown that fear memories can change when recalled, a process known as reconsolidation, and that this reconsolidation stage is vulnerable to beta-adrenergic receptor blockers. Merel Kindt and colleagues did a double-blind study in humans, where subjects learned to associate pictures of spiders with a mild shock, creating a fearful memory. Later, they were given a beta-blocker, propranolol, or a placebo. Merel Kindt and colleagues found that the group given propranolol had a greatly decreased fear response to the spider pictures 24 hours later. Strikingly, the propranolol-treated subjects showed no reinstatement of the fear response, suggesting that their fear memory was completely erased.

doi: 10.1038/nn.2271

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度