Research press release

一晩寝て考える

Nature Neuroscience

Sleep on it

徐波睡眠として知られる睡眠段階を選択的に撹乱すると、記憶が低下し、記憶を符号化する脳の海馬の活動が低下することが、Nature Neuroscience(電子版)の研究で見いだされている。

訓練後に睡眠時間をとってから再試験すると、ある課題では成績が向上することが知られている。Y Van Der Werfらは睡眠の質は量と同じく重要である可能性を示唆している。

彼らは、睡眠中の脳表面の電気的活動を脳波(EEG)で記録し、脳波が徐波睡眠として知られる睡眠段階に一致したとき、ビーッという音を自動的に鳴らした。徐波睡眠は深い睡眠状態であり、研究に参加した人々はこの音では目覚めなかったが、徐波睡眠から別のもっと浅い睡眠段階へと移った。

これら参加者の全睡眠量は変わらなかったものの、場面を記憶する必要がある試験をその後に行うと、正常に眠った人より成績が悪かった。睡眠を乱されたグループの人が、記憶しなければならない場面を見ているときにfMRIスキャンを行ったところ、海馬として知られる脳領域の活動が低下していた。海馬は物事の記憶と想起に重要なことが以前から明らかにされている。

海馬依存性の記憶は浅い睡眠によって特に影響されることが、この結果から示唆される。

Selectively disrupting a stage of sleep known as slow-wave sleep results in worse memory and reduced hippocampal activation in the brain during memory encoding, finds a study online this week in Nature Neuroscience.

A period of sleep between training and later retesting is known to benefit performance on some tasks, including memory tasks. Ysbrand Van Der Werf and colleagues suggest that the kind of sleep may be as important as the amount of sleep.

While people slept, the authors recorded the brain’s surface electrical activity via electroencephalograms (EEGs). When the EEGs were consistent with a sleep stage known as slow-wave sleep, a beeping sound was automatically set off. Slow-wave sleep is state of deeper sleep, so although the beep did not awaken the people taking part in this study, they slid out of slow-wave sleep into a different, shallower sleep stage.

Although the total amount of sleep that these people got was unchanged, they later did worse on a test where they had to remember scenes, compared to people who had slept normally. When the group of people with disrupted sleep was later scanned in a fMRI scanner as they viewed scenes they had to remember, they had reduced activity in a part of the brain known as the hippocampus. This area has previously been shown to be important for memorizing and recalling things.

These results suggest that hippocampus-dependent memory is particularly affected by shallow sleep.

doi: 10.1038/nn.2253

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度