Research press release

プリオンと嗅覚

Nature Neuroscience

Prions and smell

Nature Neuroscience(電子版)の研究によると、プリオンは匂いの識別に役立つことがわかった。この謎めいたタンパク質の正常な機能について興味をそそられる手がかりをもたらしてくれる。

プリオンは、クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)やウシ海綿状脳症(BSE)などの破壊的な病気にかかわるタンパク質であるが、正常な状態の機能についてはほとんど知られていない。S Firesteinらは、嗅覚を制御する脳の嗅覚系の神経細胞がプリオンタンパク質をもたないトランスジェニックマウスを調べた。このようなマウスは匂いを感知できるものの、埋められた餌を見つけ出すなどの匂い誘発行動や、匂い識別課題はあまりできなかった。この匂い識別異常は嗅球神経細胞のプリオンタンパク質を置換するだけで回復した。また、このトランスジェニックマウスには嗅球の神経細胞間情報伝達に特異的変化が発見されている。

プリオン病の病理とこのような匂い識別の変化の関連は明らかでないが、この謎のタンパク質の理解が少し深まった。

Prions help us to distinguish odours, finds a study published online this week in Nature Neuroscience. The research provides tantalizing clues as to the normal function of these mysterious proteins.

Prions are proteins involved in devastating diseases such as Creutzfeld-Jacob Disease (CJD) and Bovine Spongiform Encephalopathy (BSE) but little is known about how they normally function. Stuart Firestein and colleagues studied transgenic mice that lacked the prion protein in neurons of the olfactory system ? the part of the brain that controls our sense of smell. They find that these mice could still detect odours, but were deficient in some odour-guided behaviours such as finding buried food or an odour discrimination task. Replacing the protein in olfactory bulb neurons alone rescued this odour discrimination defect. The authors also find specific changes in the communication among neurons in the olfactory bulb of these transgenic mice.

It is not clear how these changes in odour discrimination relate to the pathology of prion diseases, but the research provides greater understanding of these enigmatic proteins.

doi: 10.1038/nn.2238

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度