Research press release

顔認識の結合をつくる

Nature Neuroscience

Making connections for face recognition

顔を認識する能力が損なわれる相貌失認という障害を先天的にもつ人では、脳の顔処理を行う領域間の接続が途絶えていることが、Nature Neuroscience(電子版)に報告される。

以前の研究で、相貌失認患者の脳では顔処理領域の相互結合の程度や活動レベルは比較的正常とわかっている。今回C Thomasらは、これら領域間の接続の途絶が疾患の原因かどうかを調べた。顔処理領域は白質の2つの重要な神経路で結ばれているが、相貌失認の場合、どちらの路も構造の統合性が低下していることがわかった。周辺の領域と結合しているほかの神経路には変化がない。

このような結合の構造的統合性と顔認識課題の成績には相関があるので、統合性の差がこの珍しい行動障害を引き起こすと示唆される。

The connectivity among face processing areas in the brain is disrupted in people born with prosopagnosia, a disorder of impaired face recognition ability, reports a study published online this week in Nature Neuroscience.

Previous work had suggested that the size and activity levels of interconnected face processing areas in prosopagnosics’ brains are relatively normal. Cibu Thomas and colleagues now ask whether a disruption of the connectivity among these areas could underlie the disorder. Face processing areas are connected by two major tracts of white matter, but the team find that in prosopagnosics, the structural integrity of both of these tracts is reduced. Other tracts connecting surrounding regions are unaffected in prosopagnosics.

Performance on a face recognition task correlates with the structural integrity of these connections, suggesting that these differences underlie this unique behavioural impairment.

doi: 10.1038/nn.2224

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度