Research press release

ALSにおける神経的緩衝作用の欠如

Nature Neuroscience

Neuronal insulation failure in ALS

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者やマウスモデルでは、脳のニューロン周囲で絶縁体を形成する細胞が、症状が発症する前でも死んでおり、それを置換する細胞もニューロンをうまく包み込めないとする研究が、今週のオンライン版に報告されている。この研究は、神経系の細胞を支える細胞を応援して運動ニューロンを退化から守るような、ALSに対する強力な治療手段を示唆している。

ALSは成人の神経変性疾患で、筋の弱体、麻痺、そして最後には死に至る特徴を示す。この病気の最終段階は、筋肉運動をつかさどる大脳皮質や脊髄の運動ニューロンの細胞死として現れる。これらのニューロンはオリゴデンドロサイト(乏突起膠細胞)という専門細胞のつくる特別な絶縁層に包まれており、オリゴデンドロサイトは通常、成人でもオリゴデンドロサイト前駆細胞(OPC)によって補充されている。

DwightBergles、JeffreyRothsteinほかの研究者は、検死解剖で得たALS患者の脊髄と運動皮質を調べ、また、ALS様の変異をもたせた生マウスの脳でOPCを画像化した。その結果、脊髄と脳灰白質におけるオリゴデンドロサイトの進行性退化は、運動ニューロンの死と疾患発症に先立って起こるとBerglesらは報告している。絶縁形成細胞のこのような減少には、OPCの適切な成熟の失敗が伴っている。Berglesらは同じく、ALSのマウスモデルのOPCでALS原因遺伝子を特異的に欠失させると、行動面の低下の発症を遅らせ、生存を延長できることを示している。

Even before symptom onset, cells that create the insulation around neurons in the brains of human patients and mouse model of amyotrophic lateral sclerosis (ALS) die and their replacements are unable to successfully re-wrap neurons, reports a study published online this week in Nature Neuroscience. This study suggests a potential therapeutic avenue for ALS whereby promotion of the supporting cells of the nervous system can protect motor neurons from degenerating.

ALS is an adult neurodegenerative disease characterized by muscle weakness, paralysis and ultimately death. The end stage of the disease is manifested by the death of motor neurons in the cortex and spinal cord that control muscle movement. These neurons are wrapped in a special insulating layer made of specialized cells called oligodendrocytes, which are naturally replenished by oligodendrocyte progenitors (OPCs) in adulthood.

Dwight Bergles, Jeffrey Rothstein and colleagues examined post-mortem spinal cord and motor cortex from ALS patients and visualized OPCs in the brains of live mice harboring an ALS-linked mutation. They report that progressive degeneration of oligodendrocytes in the spinal cord and brain gray matter occurs before motor neuron death and disease onset. This reduction in insulation-forming cells was accompanied by an increase in OPCs that failed to mature properly. The authors also show that genetically deleting the ALS causing gene specifically in the OPCs in the mouse model of ALS can delay the onset of behavioral deterioration and prolonged their survival.

doi: 10.1038/nn.3357

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度