Research press release

加齢の報酬

Nature Neuroscience

The rewards of age

高齢者へのドーパミン前駆薬レボドパ(L-DOPA)の投与は、報酬にもとづく意思決定における加齢に関連する異常を減少させる可能性がある。

年をとると、報酬の得られやすさについての情報を利用して意思決定をする能力が減退する。RumanaChowdhuryほかの研究者は、意思決定におけるこの変化は、報酬を期待することに関連する脳活動の変化、および報酬期待シグナルを符号化する脳領域どうしの連絡の変化に関連していることを示している。これら脳領域間のシグナルの一部は、神経伝達物質のドーパミンが担っている。Chowdhuryらは、能力の衰えている高齢者に脳のドーパミン量を増加させる薬剤を一定量与えると、高齢者の報酬に対する感度が改善されることを発見した。

Giving older adults the dopamine precursor drug levodopa (L-DOPA) can reduce age related abnormalities in reward-based decision making, according to a study published online this week in Nature Neuroscience.

As some people age, their ability to use information about the likelihood of rewards to make decisions degrades. Rumana Chowdhury and colleagues showed that this change in decision-making was accompanied by changes in brain activity associated with reward expectations and connectivity between the brain areas that encode reward expectation signals. Some of the signals between these brain areas are carried by the neurotransmitter dopamine. The authors found that when they gave underperforming older human adults a dose of a drug that increases dopamine levels in the brain, their sensitivity to rewards improved.

doi: 10.1038/nn.3364

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度