Research press release

若年の睡眠の利点

Nature Neuroscience

The advantage of youthful sleep

潜在知識を顕在知識へと変換するのに、子どもの睡眠のほうが大人のそれよりも効果的だとの研究が、今週のオンライン版に掲載されている。

Jan Bornほかの研究者は、試行錯誤法を用いてパネルにあるボタンを決まった順序で押す訓練を子どもと大人に施した。一晩の睡眠の後、被験者にボタンを押す 順序を明示的に思い出すよう依頼した。この顕在記憶試験では、子どものほうが大人より成績がよかった。Bornらは、睡眠中の徐波活動 (SWA)が子どもではいっそう緩やかで、その程度は顕在記憶能力と相関していたと記している。

子どもに関するほかの記憶課題でも睡眠に依存する利点が示されているが、これら効果の多くは大人にみられるものに比べわすかもしくは似たよう なものである。潜在的な経験から顕在知識への変換は、子どもの睡眠にとくに有利だと思われる。

Sleep in children is more effective in converting implicit knowledge into explicit knowledge, than it is in adults, according to a study published online this week in Nature Neuroscience.

Jan Born and colleagues trained children and adults to press buttons on a panel in a particular order using a trial and error method. After a night of sleep, the participants were asked to explicitly recall the sequence of button presses. Children performed better on this explicit memory test than did adults. The authors note that the children had slower wave activity (SWA) in their sleep, and this quantity was correlated with explicit memory performance.

Although sleep-dependent benefits have been shown in several other memory tasks in children, most of these effects are smaller or comparable to those seen in adults. The conversion of implicit experience to explicit knowledge seems to be a specific advantage of children’s sleep.

doi: 10.1038/nn.3343

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度