Research press release

別種の恐怖

Nature Neuroscience

Neuroscience: A different kind of fear

脳の小さい領域である扁桃核は、人びとの恐怖やパニックに際し必ずしも必要ではないとの研究が、今週のオンライン版に掲載される。ヒトや動物での数十年にわたる研究により、扁桃核が恐怖に際し大きな影響を及ぼす役割をもつと示唆されてきたので、この研究結果は驚きをもって受けとめられる。

このことを示すために、Jon Wemmieほかの研究者は、扁桃核に障害を持ち、恐怖を感じないというまれな患者3人について調べた。この研究で3人の患者が経験したのは、二酸化炭素(CO2)を吸引すると呼吸が刺激され、恐怖を呼び起こす場合や、パニックに襲われることさえあるというものだ。患者の1人については、これは子どものころ以降、初めて感じる恐怖だった。この患者や同様の障害をもつ他の患者についてのこれまでの研究では、生命を脅かすような悲惨な出来事なども含め恐怖を呼び起こすさまざまな刺激に対し、扁桃核の障害は恐怖の欠如をもたらすと示唆されている。Wemmieほかによる今回の発見は、恐怖を感じるのにかならずしも扁桃核を必要としない状況があることを示している。

なぜ二酸化炭素が扁桃核なしに恐怖を呼び起こしほかの刺激ではそうならないかの理由を、Wemmieほかは明らかにしていない。しかし、恐怖を呼び起こすたいていの事柄は視覚経路や聴覚経路によって感知されており、これら感覚は扁桃核に投射される。これに対し、高濃度の二酸化炭素は脳幹にある受容体によって感知され、さまざまな生理的変化を引き起こしかねず、それが扁桃核に加えいくつもの異なる脳領域を活性化させる可能性がある。

The amygdala, a small region of the brain, is not necessarily required for fear and panic in people, according to a study published online this week in Nature Neuroscience. These results are surprising, because decades of research in humans and animals had suggested that the amygdala has an influential role in fear.

To show this, Jon Wemmie and colleagues tested three rare patients with damage to their amygdala, who do not experience fear. Inhaling carbon dioxide (CO2) stimulates breathing and can provoke fear and even trigger panic attacks, as was experienced by the three patients in this study. For one of the patients, it was the first time since childhood that she had experienced fear. Previous work, with this patient and others with similar damage, had suggested that damage to the amygdala resulted in a lack of fear in response to a variety of fear-provoking stimuli, even life-threatening traumatic events. The current findings from Wemmie and colleagues indicate that there are conditions in which the amygdala is not necessary for the expression of fear.

The authors do not know why CO2 can provoke fear without the amygdala when other stimuli cannot. However, most things that provoke fear are sensed by the visual and auditory pathways, which project to the amygdala. In contrast, high levels of CO2 are sensed by receptors in the brainstem and can cause a range of physiological changes, which could activate several different brain areas in addition to the amygdala.

doi: 10.1038/nn.3323

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度