Research press release

記憶に重要な役をする新生ニューロン

Nature Neuroscience

New neurons important for memory

成人の海馬に新たに生じたニューロンは、記憶の回復にきわめて重要であるとの研究が、今週号のNature Neuroscience(オンライン版)に報告されている。この研究では、成体マウスで新しく「誕生」したニューロンを生成後4週間にわたって「沈黙」させたところ、 記憶の回復が損なわれることがわかった。

Shaoyu Geほかの研究者は、成体海馬で新たに生じたニューロンを特定し、続いて異なる時期にそれらニューロンを特異的に沈黙させた。その結果、海馬に依存すると される作業における記憶の回復が、生後4週間のニューロンが沈黙すると損なわれたが、ニューロンの時期がそれより前でも後でもそうはならない ことがわかったという。生後4週間のニューロンは既存のニューロンよりも変化を受け入れやすいとされており、今回の発見は、可塑性の増強がこ れらニューロンに、記憶の回復にかかわる重要な働きをさせている可能性を示唆している。

成体動物の海馬には新生ニューロンが存在することはよく知られているものの、これら新生ニューロンの機能についてはいくらか異論も残されてい る。今回の発見は、成体海馬での新規ニューロンの生成が通常の学習や記憶といった過程を支える重要なものだという考えに根拠を追加している。

Newborn neurons in the adult hippocampus are critical for memory retrieval, reports a study published this week in Nature Neuroscience. The study found that silencing newly generated neurons four weeks after their “birth” impaired memory retrieval in adult mice.

Shaoyu Ge and colleagues determined when newborn neurons were born in the adult hippocampus and then specifically silenced neurons of different ages. They found that silencing four-week-old neurons, but not older or younger neurons, led to impaired memory retrieval in tasks known to depend on the hippocampus. Four-week old neurons are known to be more responsive to change than existing neurons, and these findings suggest their increased plasticity may render them essential for memory retrieval.

While it is well-known that newly born neurons are present in the hippocampus of adult animals, the function of these newborn neurons has remained somewhat controversial. These findings add support to the idea that the generation of new neurons in the adult hippocampus may be crucial to support normal learning and memory processes.

doi: 10.1038/nn.3260

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度