Research press release

どんな名前で呼ばれてもバラはバラ

Nature Neuroscience

A rose by any other name

嗅皮質の神経細胞は類似した匂いに対して同じような神経応答を誘起するよう発火パターンを調整できることが、Nature Neuroscience(電子版)の研究で報告されている。このことから、同じ花でも厳密には1つとして同じ匂いはないのに、「バラ」という1種類の香りとして認知できる理由が示唆される。

D Wilsoらは、最大10種類の混合臭に対する、ラットの嗅球にある神経細胞の応答を記録した。混合臭に対する神経細胞群の応答は、混合臭の組成に依存し、たった1つの成分によっても異なることがわかった。しかし嗅球から投射される嗅皮質神経細胞群の応答は、同種の匂いどうしを1つにまとめたパターン補完の形を示した。ラットでは、嗅皮質でよく似た神経活動パターンを誘起した混合臭は、同種の匂いと判断されやすかった。

このパターン補完の機構は、匂いにはわずかな差異があるにもかかわらず、我々が安定した知覚を維持している方法を示唆する。

Neurons in the olfactory cortex can adjust their firing patterns so that similar smells evoke similar neural responses, reports a study published online in Nature Neuroscience this week. This suggests an explanation for why we can perceive a single scent such as “rose”, even though no two roses smell exactly alike.

Donald Wilson and colleagues recorded from neurons in the rat olfactory bulb in response to mixtures of up to 10 odours. They found that responses of groups of neurons to the mixtures depended on the composition of the mixture, even when they differed by only one component. However, responses of groups of neurons in the olfactory cortex ? which receive projections from the olfactory bulb ? showed a form of pattern completion, grouping similar odors together. The odour mixtures that evoked similar patterns of neural activity in the olfactory cortex were more likely to be judged as similar-smelling by the rats.

This mechanism for pattern completion suggests a way in which we maintain perceptual stability despite minor variations in odour.

doi: 10.1038/nn.2217

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度