Research press release

光沢の暗い側面

Nature Neuroscience

The dark side of gloss

物体の二次元画像は光沢を持つように見えることがある。これは、部分的な暗い領域が引き起こすもので、これまで言われていたように部分的な明るい領域に起因するのではないとの研究が、Nature Neuroscience(オンライン版)に報告されている。この発見は、視覚系が光沢を感知するのに用いている可能性のある情報が何かを知る手がかりになり、また、コンピューター・グラフィクスでの光沢の表現に役立つ可能性がある。

直感的には、滑らかだったりぴかぴかだったり濡れていたりする表面から反射した光が光沢感をもたらすと考えがちである。

Juno Kimたちはその研究で、人工的な二次元表面の一部に暗い領域または明るい領域を加え、被験者に表面の光沢がどう見えるかを質問した。その結果、つや消しの表面に暗い領域と明るい領域を加えると、表面がつややかに見えるようにできることがわかった。さらに、暗い領域を配置しただけの表面でも、光沢感を強制的に生みだした。

A two dimensional image of an object can look glossy because of locally dark regions, and not just because of locally bright regions as previously believed, a study published online this week in Nature Neuroscience. These findings shed light on what information the visual system may use to perceive gloss, and it may also be useful for rendering glossiness in computer graphics.

We intuitively think of glossiness as the result of reflections of light off a surface that is smooth, shiny or wet.

Juno Kim and colleagues added local dark or light regions to artificial two-dimensional surfaces, and then asked participants in their study to report whether the surfaces looked glossy. They found that adding dark areas and bright areas to a matte surface could make the surface appear glossy. Even surfaces composed only of arrangements of dark regions created a compelling perception of glossiness.

doi: 10.1038/nn.3221

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度