Research press release

他人の失敗に学ぶ

Nature Neuroscience

Learning from others’ mistakes

今週のNature Neuroscienceオンライン版に発表された論文によると、サルの前頭葉内側皮質には、他のサルが意思決定を誤った場合にシグナルを伝達する神経細胞が ある。サルとヒトは他者の失敗から学習できることが知られており、今回の成果は脳内で必要な情報を解読している可能性のある領域解明に光明を投ずるものである。

Masaki Isodaらは、次の2つの選択肢のどちらかを2匹のサルに順番に選ばせた。一方を選ぶと2匹ともに報酬が与えられ、もう一方を選ぶとどちらか1匹には報酬が与えられない。サルは、互いに相手の行動の結果を利用してよりよい行動を選択ができた。前頭葉内側皮質には、相手のサルが失敗したときに発火が増加する神経細胞群が存在していた。そのおよそ半数の活性は報酬がもらえないことと一般的に相関していたが、もう半数は相手の間違った行動に特異的に応答していた。

ヒトについての以前の研究から、前頭葉内側皮質は他者から学習するときに失敗を監視するのに重要であることが示唆されているとはいえ、この結果は他者の失敗を専門に表現する神経細胞の存在を示す初めての証拠である。

Neurons in the monkey medial frontal cortex signal when another monkey makes a decision error, according to a study published online this week in Nature Neuroscience. Monkeys and humans are known to be able to learn from others’ errors, and these results shed light on one brain area where the necessary information may be encoded.

Masaki Isoda and colleagues had pairs of monkeys take turns choosing between two options, one of which would result in the delivery of a reward to both animals, while the other option would result in no reward for either animal. Monkeys were able to use the outcomes of their partner’s actions to help them make better choices. In the medial frontal cortex, there was a group of neurons that increased their firing rates when the other monkey made an error. Activity for about half the neurons was correlated with the omission of reward in general, but the other half specifically responded to the erroneous action of the partner.

Previous work in humans has suggested that the medial frontal cortex is important for error monitoring when learning from others, but this is the first demonstration that there are neurons which exclusively represent others’ errors.

doi: 10.1038/nn.3180

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度