Research press release

加齢に伴う記憶喪失の回復

Nature Neuroscience

Restoring aging-associated memory loss

老齢マウスの記憶障害は、脳内でDNAメチル化が減少するのが原因となっている可能性がある。このような研究が、今週のNature Neuroscience誌電子版に報告されている。この発見は、通常の加齢に伴う記憶力の減退の背景をなす潜在的な原因を示唆 している。

メチル化はDNAに付加される印であり、この印の有無は遺伝子が活動(発現)するかしないかに影響を及ぼす。Hilmar Badingらは、老齢のマウスでは、海馬という脳内で記憶の創出や保管に重要なはたらきをする領域でDNAをメチル化するタンパク質が減少していること を発見した。

老齢マウスの脳内においてこのタンパク質を増加させたところ、マウスは若齢マウスとまったく同様の記憶を示した。逆に、若齢マウスでこのタン パク質を減少させると、老齢マウス同様に記憶が損なわれるようになった。

Memory impairments in older mice may be due to a decrease in DNA methylation in the brain, reports a study published online this week in Nature Neuroscience. These findings suggest a potential cause underlying the loss of memory ability that accompanies normal aging.

Methylation is a mark that is added to DNA that affects whether a gene is active or not. Hilmar Bading and colleagues found that older mice had decreased levels of a protein that methylates DNA in the hippocampus, a region of the brain known to be important in creating and storing memories. If they increased the levels of this protein in the brains of older mice, they remembered just as well as younger mice. Decreasing levels of the protein in younger mice left them just as impaired as older mice.

doi: 10.1038/nn.3151

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度