Research press release

アルツハイマー病における過剰な脂肪酸

Nature Neuroscience

Excess fatty acid in Alzheimer’s disease

アルツハイマー病のマウスにおいて、脳の脂肪酸代謝の変化を補正することによりこの疾患に伴う認知障害を回復できることが、NatureNeuroscience(電子版)の論文で報告される。この研究からアルツハイマー病患者の治療介入に適した標的が浮かび上がる。

アルツハイマー病のモデルマウスを利用して、L Muckeらはアラキドン酸として知られるω-6脂肪酸の一種が特異的に増加し、その代謝産物も増加することを観察した。アミロイドβペプチドはアルツハイマー病患者の脳にみられる異常な沈着物であり、アラキドン酸代謝酵素の活性化に影響する。この酵素の作用を阻害したところ、マウスはいくつかの学習・記憶課題の遂行に著しい改善を示した。

Correcting altered fatty acid metabolism in the brain of mice with Alzheimer’s can reverse the cognitive deficits associated with the disease, reports a paper online this week in Nature Neuroscience. This work highlights a possible target for therapeutic intervention in patients with the disease.

Using a mouse model of Alzheimer’s disease, Lennart Mucke and colleagues observed a specific increase in an omega-6 fatty acid, known as arachidonic acid, and also an increase in the product of its metabolism. Because Amyloid-beta peptide ? whose abnormal deposits are seen in Alzheimer’s patients’ brains ? affects the activation of an arachidonic acid-metabolizing enzyme, the researchers blocked the action of this enzyme. The mice then showed significant improvement in some learning and memory tasks.

doi: 10.1038/nn.2213

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度