Research press release

社会神経科学特集

Nature Neuroscience

Focus on social neuroscience

今週のNature Neuroscience誌電子版の総説・論説記事の特集では、社会的行動の神経学的基礎が論じられている。

Naomi EisenbergerとAndreas Meyer-Lindbergによる補完的な2本の展望記事は、日常生活における社会因子と身体的、精神的健康とのかかわりについてそれぞれ扱っており、 社会的断絶とストレスは統合失調症などの疾患に対する危険性を高めるのみならず、より身体的な病気と結びついていると指摘している。しかし脳 は非常に可塑性のある臓器であり、Richard DavidsonとBruce McEwenは、瞑想などの治療介入が脳の可塑性を生じよい転帰に結びつく仕組みを概説している。彼らは正の因子、負の因子どちらも脳の構造的、機能的変 化を生じうることを示唆した動物研究にも注目している。

ほかにも特集号ではさまざまな話題の中から、オキシトシン、テストステロンなどのホルモンが動物やヒトで友好性から攻撃性までのさまざまな 社会的行動を調節する仕組みを概説した記事や、脳が他人の気持ちを感じることのできる共感という能力を生み出す仕組みの研究に対する論評を取 り上げている。

The neural underpinnings of social behaviour are discussed in a special collection of review and opinion articles published this week in Nature Neuroscience.

In a pair of complementary perspective articles, Naomi Eisenberger and Andreas Meyer-Lindberg describe the cross-talk between social factors in everyday life and physical and mental health, respectively: social disconnection and stress is associated with more bodily illness, as well as a higher risk for disorders such as schizophrenia. However, the brain is an extremely plastic organ, and in their piece, Richard Davidson and Bruce McEwen review how interventions such as meditation are likely to result in brain plasticity associated with positive outcomes. They also look at animal work suggesting that both positive and negative factors can result in structural and functional changes in the brain.

Other articles in the special issue review how hormones such as oxytocin and testosterone modulate social behaviors ranging from friendliness to aggression in both animals and humans, and a critical review of studies of how the brain produces empathy, the ability to feel what another person is feeling, amongst other topics.

doi: 10.1038/nn.3087

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度