Research press release

心の目

Nature Neuroscience

The mind’s eye

ヒト脳の側頭頭頂接続(temporoparietal junction; TPJ)における活動は、視覚の特性を示す可能性が、今週のNature Neuroscience電子版に報告されている。この結果は、TPJにみられる信号が意識的認識を支えていることを示唆している。

これまでの研究では、TPJが目立つ刺激や予期せぬ刺激の検出に重要であると示されており、この領域の損傷は空間無視や注意制御の欠陥につながりかねないとされている。

Michael Beauchampほかの研究者は、てんかんの外科処置のため脳に電極を埋め込んだ患者について調べた。患者の脳のうち初期視覚系のある領域に、場合によっては閃光を感じさせるかさせないか程度の弱い電気刺激を加えた。その結果、TPJにも同時に応答があった場合にのみ患者は光を感じると申告していることをBeauchampらは発見した。見えにくい対象の検出能力がTPJの信号を乱すと減少することもわかり、この脳領域と視覚とのさらなるつながりが示唆される。

Activity in the temporoparietal junction (TPJ) of the human brain could be the signature of visual perception, according to a study published online this week in Nature Neuroscience. These results suggest that signals in the TPJ support conscious awareness.

Previous work suggested that the TPJ is critical for detecting salient or unexpected stimuli, and damage to this area can result in spatial neglect, a deficit in the control of attention.

Michael Beauchamp and colleagues worked with patients who had electrodes implanted into their brains for surgical treatment of epilepsy. They stimulated an area in the early visual system of each person’s brain with low intensity electrical pulses that sometimes evoked the perception of a flash of light and sometimes did not. They found that people only reported seeing a light on occasions when there was also a response in the TPJ. The authors found that disruption of signals in the TPJ decreased the detectability of a barely visible visual target, further linking this brain area to visual perception.

doi: 10.1038/nn.3131

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度