Research press release

いつまでも続く痛み

Nature Neuroscience

Pain in the long run

今週のNature Neuroscience誌に発表される論文によると、痛みの体験にかかわるとされている2つの脳領域間 の機能的な大規模連絡をもとに、背部痛患者が問題発生後数年の時点で引き続き痛みを訴えるかどうかを予測できる。

Vania Apkarianらは、背部痛を初発した患者について経年研究をした。時とともに治癒する患者がいる一方で、痛みが持続する患者もいた。機能および構造の 脳画像は、側坐核と前頭前野の機能的連絡にみられる初期の差異を示しており、これは慢性痛をこうむるであろう患者を予測していた。 Apkarianらはまた、持続する痛みの体験には灰白質密度にみられる緩やかな変化が関係していることも発見した。

これまでの研究は慢性痛を導くものとして末梢神経や脊髄にみられる変化に集中していたが、今回の研究結果は、急性痛から慢性痛への移行に脳も 同じく役割を果たしていることを示している。

Greater functional connectivity between two brain regions previously implicated in the experience of pain predicts which back-pain patients will still be in pain a year after reporting problems, according to an article published in Nature Neuroscience this week.

Vania Apkarian and colleagues studied patients with an initial episode of back pain over the course of a year. While some patients recovered during this time, the pain persisted in others. Functional and structural brain imaging showed an initial difference in functional connectivity between the nucleus accumbens and the prefrontal cortex that predicted which patients would go on to suffer from chronic pain. The authors also found gradual changes in grey matter density correlated with the experience of pain for an extended period of time.

Previous work has focused on the changes in the peripheral nerves and spinal cord that lead to chronic pain, but these results suggest that the brain may also play a role in the conversion from acute to chronic pain.

doi: 10.1038/nn.3153

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度