Research press release

学習効率の最大化

Nature Neuroscience

Maximizing learning efficiency

何年にもわたって教師や教育者が公言してきたとおり、最良の学習方法は一夜づけより一定の間隔をおいた学習である。これは裏付けられているが、Nature Neuroscience(電子版)の論文ではこれに加えて、それに適したタイミングは考えられていたよりもう少し複雑かもしれないことが示唆されている。 訓練条件を設計するにあたり、既知の分子レベルの事象が起こるタイミングを考慮に入れておけることが今回証明されたので、この研究は、高等生物の学習と記憶の向上性を検討しようとするこれからの研究設計の骨組みとなる。神経細胞のいくつかの酵素は学習によってその活性が高まる。しかしこれら酵素の1つ1つは活性化するまでの時間経過がかなり異なる。J Byrneらは、これらの事象の正確なタイミングを明らかにして訓練学習期間内に酵素群を最大限活性化できるような学習法を、数学的モデルの手法を使って設計した。Byrneらはまた、特別に設計した訓練スケジュールによって、アメフラシAplysia californicaのある種の記憶を最大化できることも証明している。

Confirming what teachers and educators have professed for years, that the best method for learning involves spacing-out study periods rather than attempting to cram, a study published online this week in Nature Neuroscience suggests that moreover, the proper timing may be a bit more complex than previously assumed. By showing that it is possible to design training conditions that take into account the timing of known molecular events, this study provides a framework from which future studies may be designed to examine whether it is possible to improve learning and memory in higher organisms. Certain enzymes in neurons increase their activity in response to learning. However, the time course with which each of these enzymes becomes activated is very different. John Byrne and colleagues used a mathematical modeling approach to design a method of learning which accounts for the precise timing of these events so that the activation of these enzymes may be maximized during training and learning periods. The authors also show that their specifically-designed training schedule can maximize one form of memory in the sea slug, Aplysia californica.

doi: 10.1038/nn.2990

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度