Research press release

神経膠腫治療用カプセル剤

Nature Neuroscience

A capsule for glioma therapeutics

脳腫瘍の治療において、治療用幹細胞を生体材料で包装する方法を用いると効率が改善することが、Nature Neuroscience(電子版)の論文で報告されている。この研究は神経膠腫治療に有望な生物工学的戦略の可能性を際立たせるもので、将来臨床試験に進む後押しとなるかもしれない。神経膠腫は脳腫瘍の一般的な形態の1つで、脳のグリア細胞が悪性化して生じる。現在の治療法は外科的処置と放射線療法、化学療法の併用が基本だが、予後は依然として悪い。K Shahらは神経膠腫モデルマウスを使って、神経膠腫患者に一般的な外科的処置に似せ悪性の腫瘤を除去し、次に腫瘍選択的殺傷剤をつくり出すよう遺伝子改 変した神経幹細胞を除去部分に移植した。効率を改善するため、Shahらはこれら遺伝子改変幹細胞を合成細胞外マトリックスという生体材料で包み込み、脳組織での生存率と安定性を高めた。カプセル包装した幹細胞を移植した疾患マウスは、未包装の幹細胞治療を受けたマウスに比べて生存期間が大幅に延びた。

Packaging therapeutic stem cells with a biomaterial wrap improves their efficiency for brain cancer treatment, reports a paper published online this week in Nature Neuroscience. This study highlights the potential of a promising bioengineering strategy for glioma treatment, which may help guide future clinical trials. Glioma is a common form of brain cancer that occurs when glial cells in the brain become malignant. Current treatments for gliomas are based on a combination of surgical intervention along with radio- and chemotherapies, but their outcome remains poor. Using a mouse model of glioma, Khalid Shah and his colleagues remove the malignant mass, mimicking the surgical interventions common in glioma patients. They then implant neural stem cells that were genetically engineered to produce a tumor-selective killing agent in the resulting cavity. To improve their efficiency, Shah and colleagues packaged these engineered stem cells with a biomaterial called synthetic extracellular matrix to increase their survival and stability in brain tissue. Implanting such encapsulated stem cells led to a substantial increase in the lifespan of the sick mice compared to those receiving the non-encapsulated treatment.

doi: 10.1038/nn.3019

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度