Research press release

認知療法で報酬への期待をコントロール

Nature Neuroscience

Cognitive therapy to control reward anticipation

人は自らの考えを変えることによって、来るべき報酬への期待をそがれることがあるという研究が、Nature Neuroscience(電子版)に掲載される。

E Phelpsらは、金銭的報酬が期待されることがわかっている合図について、その合図に先行する生理的、神経的応答を測定した。被験者には、合図が示されるたびに、それから予想される報酬か、または合図と同じ様相の何か落ち着くもののどちらかを考えるよう指示された。落ち着くものを考えさせると、報酬の予測にかかわると考えられている線条体という脳領域の活動を低下させ、報酬予測に関連するかもしれない覚醒の尺度である皮膚伝導反応も減少させた。

この結果から、情動の制御は、薬物渇望のような報酬期待刺激による衝動の誘発をコントロールするのに役立つ可能性が示唆される。

People can dampen their anticipation of an upcoming reward by re-directing their thoughts, reports a study published online in Nature Neuroscience this week.

Elizabeth Phelps and colleagues measured anticipatory physiological and neural responses to a cue which people had learned predicted monetary rewards. Each time the cue was presented, people were asked to think of either the reward predicted by the cue, or something calming that was the same colour as the cue. The calming strategy reduced activation in the striatum ? an area of the brain thought to be involved in expectations of reward ? and diminished skin conductance responses, a measure of arousal which may relate to reward anticipation.

These results suggest that emotion regulation might be useful in controlling urges elicited by reward-predicting stimuli such as drug cravings.

doi: 10.1038/nn.2141

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度