Research press release

多発性硬化症にかかわる新たな標的

Nature Neuroscience

A new target for multiple sclerosis

中枢神経系の免疫細胞に見つかったタンパク質受容体の活性化によって多発性硬化症のマウスモデルの臨床成績が改善することが、Nature Neuroscience(電子版)の論文で報告されている。 多発性硬化症は、神経線維を包む髄鞘という保護被膜を免疫系の細胞が誤って標的とし破壊するために発症する。Marco Prinzらは、免疫細胞の一種に見つかったRIG-I様ヘリカーゼ受容体を活性化すると、この疾患マウスの炎症やミエリンの破壊が抑えられ、結果として 麻痺も通常より限定的になることを見いだした。重要なことには、この治療法は簡単な静脈内注射でも効果があり、発症後でも有効と確認されている。 これらの結果は、脳や脊髄のミエリンの破壊にはたらく細胞内の現象に対する貴重な洞察を与えるものだ。論文では、この衰弱性疾患で生じる損傷を抑えうる新しい非侵襲性の方法も報告されている。

Activation of a protein receptor found on immune cells in the central nervous system results in improved clinical outcomes in a mouse model of multiple sclerosis, reports a paper published online in the journal Nature Neuroscience. Multiple sclerosis occurs when cells of the immune system inappropriately target and destroy the protective coating which surrounds nerve fibers, called the myelin sheath. Marco Prinz and colleagues found that activating the RIG-I-like helicase receptors found on one type of immune cell can reduce inflammation and the breakdown of myelin during this disease in mice, therefore limiting the paralysis which normally occurs. Importantly, the authors find that this treatment is also effective by simple intravenous injection and after the onset of disease. These results provide valuable insights into the cellular events which act to cause the destruction of the myelin in the brain and spinal cord. This paper also reports a potential new and non-invasive way to limit the damage caused by this debilitating disease.

doi: 10.1038/nn.2964

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度