Research press release

今見た記憶

Nature Neuroscience

Remembrance of things past

Nature Neuroscience(電子版)の論文によると、脳の領域どうしの同期活動は、ものごとの視覚的記憶を短期間保つためのカギであるらしい。 G Rainerらは、サルの脳の後部にある視覚野と前面にある前頭前野の電気的活動を記録した。その間、サルにある特定の形を見せて記憶させ、別にいくつかの 形を見せてその中から自分の記憶と一致する形を示させた。 Rainerらは、動物が目で見た形を覚えようとしているとき、脳ではシータ帯とよばれるある特定の周波数域で生じる振動活動の同期が高まることを見いだした。さらに、この同期が高まるほど動物が形を覚える正確性が増すようだった。

The synchronized activity between brain areas is likely to be key for visually remembering things over short periods of time reports a paper published online this week in Nature Neuroscience. Gregor Rainer and his colleagues recorded electrical activity in a visual area at the back of the brain and the prefrontal cortex, towards the front of the brain in monkeys. During these recordings, the monkeys had to remember a specific shape they had been shown, and, when presented with another set of shapes, they had to indicate which of these matched the shape they were holding in mind. The authors found that when the animals were trying to remember the shape they had seen, there was increased synchronization in brain oscillatory activity happening at a particular set of frequencies known as the theta band. Moreover, the greater this synchronization, the more likely it was that an animal would remember the shape correctly.

doi: 10.1038/nn.3038

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度