Research press release

鼻は知っている

Nature Neuroscience

The nose knows

ヒトの鼻にある嗅覚受容体の配置は、快いとか不快だとかの匂いの感じ方によってある程度決まっているとの報告が寄せられている。匂いに対する主観的な好みはヒトならば報告できるが、動物では評価が難しい。これらの研究結果 は、嗅覚受容体の応答を系統的に調べた最初の考察である。

N Sobelらはヒトの鼻粘膜で、さまざまな匂いに対する神経活性を直接測定した。さらに、被験者にはそれぞれの匂いの快さ(または不快さ)を判定してもらった。ある快い匂いに最も応答する部位は他の快い匂いに対しても強く応答しがちで、不快な匂いに最も応答する部位は他の不快な匂いに対しても強く応答する可能性があるとわかった。

The arrangement of smell receptors in the human nose is organized, in part, according to the perception of odor pleasantness, reports a study published online this week in Nature Neuroscience. These findings are the first systematic study of odor receptor responses in humans, who can report on subjective pleasantness of odors, which is difficult to measure in animals.

Noam Sobel and colleagues recorded neural activity directly from the lining of the human nose in response to a range of odors, and also asked these individuals to judge the pleasantness (or unpleasantness) of each odor. They found that a location that responded best to a pleasant odor was likely to respond strongly to other pleasant odors, and a location that responded best to an unpleasant odor was likely to respond strongly to other unpleasant odors.

doi: 10.1038/nn.2926

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度