Research press release

敵と味方のかぎ分けを学習するハエ

Nature Neuroscience

Flies learn to smell friend from foe

雄のショウジョウバエが別の雄に示す攻撃行動は、それ以前の社会的接触とフェロモン検知によって決まることが、Nature Neuroscience(電子版)の論文で報告されている。

Yi Raoらは、前もって雄のフェロモンにさらされた雄のショウジョウバエは攻撃性が鈍ることを発見した。初めのうち、雄のハエは他の雄の匂い物質を検知すると攻撃しようとするが、雄のハエが社会集団をつくると通常この応答が減少する。Raoらは、最初の攻撃はフェロモンが嗅覚受容体の1種類を活性化することにより引き起こされるが、時間が経つと違う受容体が活性化され攻撃行動の減少をもたらすことを確認した。

これらの結果はショウジョウバエの攻撃性の調節を説明する手がかりになり、他の動物でもこの種の行動を薬物を使った方法で減らせる可能性を示唆する。また、同じフェロモンでも持続時間とフェロモンにさらされた社会的状況によって2種類の行動を引き起こしうることが示されている。

Aggressive behavior displayed by one male fruit fly to another male fly is dependent on their previous social encounter and pheromone detection, reports a study published online this week in Nature Neuroscience.

Yi Rao and colleagues found that pre-exposure to male pheromones dampens male fruit fly aggression. At first, a male fly that detects another male’s odor will be aggressive, but this response is normally reduced after social grouping of male flies. The authors found that the initial aggression is caused by the pheromone activating one type of olfactory receptor, but that over time, a different receptor is activated and causes a decrease in aggressive behavior.

These results help explain the regulation of aggression in fruit flies, and suggest a potential chemical method to reduce this type of behavior in other animals. They also show that the same pheromone can cause two different behaviors depending on the duration and social context of pheromone exposure.

doi: 10.1038/nn.2836

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度