Research press release

抑制に成功

Nature Neuroscience

Success at suppression

ある特定の課題の遂行に成功するかどうかは、脳のデフォルトネットワークとして知られる散在した領域群が無関係な背景刺激により誘発される活性レベルと相関することが、Nature Neuroscience(電子版)に発表される。この結果はこの領域群の新たな役割を示唆するものだ。

ある課題を行うとき、手元の課題と無関係かもしれず気が散る情報は無視されることが多い。A Gazzaleyらは機能的磁気共鳴画像法を利用して、顔と家を重ね焼きした写真を見たときの脳の活性を観測した。実験で被験者は、家を無視して顔を覚えるか、その逆を覚えるかしなければならなかった。

以前の研究に即して、被験者が顔または家のどちらに注意を払っているかによって、関連する脳の視覚領域が変わることがわかった。さらに興味深いことに、これら領域と、デフォルトネットワークとして知られる領域群は協調して活性が低下することがわかった。デフォルトネットワークは他 の領域と異なり、人が課題に没頭しているときより休息しているときのほうが活性が高まる。Gazzaleyらは、被験者が無関係な刺激を無視しようとしてデフォルトネットワークの活性が低下するほど、課題の遂行が早くなることを見いだした。このことは、デフォルトネットワークのもつ、課題に無関係な情報を抑制するという従来発見されずにいた役割を示唆している。

People's success at doing a particular task correlates with the level of activity triggered by irrelevant stimuli in the background in a diffuse group of brain areas known as the default network. The results, published online in Nature Neuroscience, suggest a new role for this group of brain areas.

Often, performing a task involves ignoring distracting information that may be irrelevant to the task at hand. Adam Gazzaley and colleagues used functional magnetic resonance imaging to track peoples' brain activity as they saw superimposed pictures of faces and houses. During some trials, the subjects had to remember the faces and ignore the houses, and on others, the reverse.

In keeping with previous work, the authors found changes in visual parts of the brain related to whether participants are paying attention to faces or houses. More interestingly, they found coordinated decreases in activity between these parts of the brain and a group of brain areas known as the default network. Unlike other brain areas, the default network is known to be more active during rest compared to when people are engaged in a task. Gazzaley and colleagues found that the less activity in the default network as participants tried to ignore irrelevant stimuli, the faster they were at doing the task. This suggests that the default network has a previously undiscovered role in suppressing information irrelevant to the task.

doi: 10.1038/nn.2823

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度