Research press release

自閉症者は社会的化学信号に対する応答が異なっている

Nature Neuroscience

Altered responses to social chemosignals in autism

自閉症スペクトラム症(ASD)の男性は、意識的に知覚できない社会的化学信号に対する応答が定型発達者(非ASD者)とは

異なっており、逆の応答を示すこともあるという研究報告が、今週発表される。ASD者は、他者の感情を読み違えることがあるが、このことを今回の研究で得られた知見によって部分的に説明できるかもしれない。

哺乳類は、通常、嗅覚を使って他者の感情を読み取り、化学信号の知覚によって社会的コミュニケーションを行うが、ヒトも有意な社会的化学信号の伝達を行っていることを示す証拠が増えつつある。これまでの研究では、ヒトの化学信号が、年齢、攻撃性、幸福感、恐怖などの情報を伝えることが明らかになっており、こうした化学信号は、潜在意識に作用して、脳の活動と一般的な心理状態と情動状態に影響を及ぼすことがある。

今回、Noam Sobelたちの研究グループは、神経学的機能が正常な者が無意識に「恐怖の匂い」に触れると、自律神経系の活動が高まったが、ASD者は、そうならないことを明らかにした。「恐怖の匂い」とは、スカイダイビングを行う者が(コルチゾール濃度によって測定された)ストレスを感じて流した冷や汗のことであり、自律神経系とは、呼吸、心拍などの無意識の身体機能に関わる神経系の部分だ。また、神経学的機能が正常な者は、恐怖の匂いを放つマネキン人形よりも落ち着いて歩く人から採取された汗を発するマネキン人形を高く信頼し、ASD者は、恐怖の匂いを放つマネキン人形の方を信頼することも明らかになった。さらに、神経学的機能が正常な者とASD者が無意識に2種の人工的な化学信号に触れる実験でも両者間に相反する影響が見られた。

今回の研究では、神経学的機能が正常な者のグループもASD者のグループも体臭の識別と評価を行う実験では同じような反応を示し、意識的に感知できない化学信号に対する応答だけが異なっていたため、両グループとも嗅覚が正常なことが示された。Sobelたちは、化学信号に対して異なる応答を示すことの方が全く応答できない場合よりも大きな影響が生じる可能性が高いと推測している。応答が異なる場合には、情動信号の読み違いが起こる可能性があるからだ。

Men with autism spectrum disorder (ASD) respond differently to social chemical signals that are not consciously perceived, sometimes displaying the opposite responses to those of individuals without ASD, reports a study published online this week in Nature Neuroscience. This finding could explain in part why individuals with ASD misread emotions.

Mammals typically rely on their sense of smell to read emotions and communicate socially through the perception of chemical signals (chemosignals), and there is growing evidence for meaningful social chemosignaling in humans as well. Human chemosignals have been shown to convey information such as age, aggression, happiness, and fear, and they can act subliminally to influence brain activity and general psychological and emotional states.

Noam Sobel and colleagues find that unconscious exposure to the ‘smell of fear’ - sweat produced by skydivers, who were stressed (as measured by cortisol levels) - increased activity of the autonomic nervous system (the part of the nervous system responsible for unconscious bodily functions, like breathing and heartbeat) in neurotypical individuals but not in people with ASD. The authors also find that a mannequin emitting this fear chemosignal was less trusted by neurotypical individuals than a mannequin emitting the sweat from people walking calmly, but participants with ASD reported trusting the mannequin emitting the ‘smell of fear’ more. Moreover, unconscious exposure to two different synthetic chemosignals also had opposite effects in neurotypical participants and individuals with ASD.

he authors find that both groups had an intact sense of smell, because they responded similarly when asked to differentiate and rate body odours and only responded differently to chemosignals they did not consciously detect. The authors speculate that an altered response to chemosignals is more likely to have profound effects than not being able to respond to them at all, as altered responses may lead to misreading of emotional signals.

doi: 10.1038/s41593-017-0024-x

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度