Research press release

恐怖の普遍化

Nature Neuroscience

Generalizing fear

今回の報告によると、特徴のない音が不愉快な結果と結びつくと、類似した音との聞き分けが困難になる可能性がある。この発見は、外傷後ストレス障害の患者が、過去に受けた不快な結果を連想させる刺激に類似しているが無害な刺激に対してもしばしば反射的に反応する根拠として考え得る1つの可能性を示唆している。Rony Pazらは被験者に特定の周波数の音をある匂いと組み合わせて聞かせた。好ましい匂いのとき、被験者はその音を別の類似した音とうまく識別できた。しかし、不快な匂いと組み合わせた音では、類似音との識別がうまくいかなかった。この効果は、音と組み合わせる対象を匂いでなく他の音にしても、 訓練の翌日まで持続することが認められた。

The association between a neutral sound and an unpleasant outcome may make it more difficult to distinguish among similar sounds, according to a paper published online this week in Nature Neuroscience. This finding suggests one possible reason why individuals with post-traumatic stress disorder often react reflexively to innocuous stimuli that are similar to those that they have associated with unpleasant outcomes in the past. Rony Paz and colleagues had participants listen to a specific frequency tone paired with an odor. When the odor was pleasant, the participants were very good at differentiating that tone from other similar ones. However, Paz and colleagues found that when a tone is paired with an unpleasant odor, people become much worse at discriminating the tone from other similar ones. This effect was still observed when the tones were paired with other sounds, instead of odors, and persisted the day after training.

doi: 10.1038/nn.2802

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度