Research press release

配偶者選択:味覚が問題

Nature Neuroscience

Mate selection: it’s a matter of taste

ショウジョウバエの雄は味覚ニューロンにあるタンパク質受容体を利用して、ライバルになりうる相手のフェロモンを感知することが、Nature Neuroscience(電子版)の論文で報告されている。この研究は、動物の社会行動がフェロモンを階層的に感知することで導かれるという説を裏付ける新たな証拠となる。

有性生殖に頼るほとんどの動物と同様、雄のショウジョウバエは配偶者となる雌と競争相手となる雄を識別しなければならない。D Andersonらは、正常な雄のハエが、ほかの匂い物質は正常レベルだがある特定のフェロモンを欠失している変異体雄に対しては、雄どうしの求愛行動の増加、攻撃性の減少を示すことを見いだした。苦味を感知するニューロンの特定の味覚受容体が欠失した雄のハエは、ほかの雄を敵と見なすよりも「求愛」する傾向があった。

この研究は、ショウジョウバエの雄どうしの攻撃行動を指令する嗅覚刺激シグナルが、味覚フェロモンに管理されている可能性を示唆する。

Male fruit flies use a protein receptor found on taste-sensing neurons to detect pheromones from potential adversaries reports a paper published online this week in Nature Neuroscience. This study provides further evidence that animals use a hierarchy of pheromone detection to guide social behaviour.

As with most animals relying on sexual reproduction, male Drosophila need to distinguish between potential female mates and potential male competitors. David Anderson and colleagues found that normal male flies show increased male-male courtship behaviour and decreased aggression toward other mutant males lacking a particular pheromone even if those mutant males had normal levels of other odorants. Male flies that lacked a particular receptor for taste in their bitter-sensing neurons were more likely to “court” other males than treat them as adversaries.

This work suggests that taste pheromones likely preside over smell-based signals to direct male-male aggression behaviour in fruit flies.

doi: 10.1038/nn.2800

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度