Research press release

三日坊主

Nature Neuroscience

I’m a quitter

ある人が4か月後に禁煙する可能性は、その人に合わせた禁煙メッセージに対する脳の応答で予想できることが報告されている。この“予想に役立つ応答”は、自分自身について考えるときに活性化される脳の領域で特異的に見つかった。

H Chuaらは、禁煙プログラムに参加した喫煙者らを調べた。このプログラムでは行動変容を達成する妨げになる具体例だけでなく、各自の生き方、必要性、関心に言及して禁煙を勧めるその人専用のメッセージが示された。メッセージを示されている間、参加者の前頭前野背内側部は活性化し(この領域は自己関連思考によっても活性化する)、その人が撮像の4か月後に禁煙している見込みと相関していることが機能的磁気共鳴画像により示された。

Brain responses to personalized messages about smoking-cessation predict how likely someone is to quit smoking four months later, reports a study published this week in Nature Neuroscience. The predictive responses were specifically located in areas of the brain that are activated by thinking about oneself.

Hannah Chua and colleagues studied smokers who participated in a smoking-cessation program. In this program, they were presented with tailored messages that encouraged quitting by making references to the individual’s life, needs, and interests, as well as, to specific obstacles to achieving behavioural change. Functional magnetic resonance imaging during the presentation of these messages showed that activation of the dorsomedial prefrontal cortex, an area that is also activated by self-related thinking, was correlated with how likely participants were to have quit smoking four months after the scanning.

doi: 10.1038/nn.2761

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度