Research press release

薬物依存の再発を理解する

Nature Neuroscience

Understanding relapse

Nature Neuroscience(電子版)に発表される研究で、ヘロイン使用の再発傾向は内側前頭前野(mPFC)神経細胞の小集団により制御されるという証拠が示されている。この発見はげっ歯類の依存症モデルによるもので、ヒトの依存症再発の可能性を減らす治療法の理解に重要かもしれない。

げっ歯類でもヒトでも、依存性薬物の使用とそれを摂取した状況には関連が生じる。薬物に関連した状況刺激に再びさらされると、依存性が再発しやすい。

Y Shahamらは、前もってヘロインの自己投与訓練を行ったラットに、薬物を摂取したときの状況を再導入すると、mPFCの神経細胞のある小集団が高い活 性を示すことを明らかにしている。これら活性化した特異的mPFC神経細胞を薬理作用薬の投与により選択的に遮断し不活性化すると、再発ラットにおけるヘロイン探索行動の再燃を減らせることも明らかにされている。

A study published this week in Nature Neuroscience provides causal evidence that the propensity to relapse back to heroin use is controlled by a small subset of medial prefrontal cortex (mPFC) neurons. These findings using rodent models of addiction could be important in understanding how to treat human addicts to lessen the likelihood of relapse.

Both rodents and humans form an association between addictive substance use and the context in which the addictive drugs were taken. Addicts are prone to relapse when re-exposed to the drug-associated contextual cues.

Yavin Shaham and colleagues show that a small group of neurons in mPFC exhibit higher activity when rats previously trained to self-administer heroin are re-introduced to the context in which drug was taken. By administrating a pharmacological agent that selectively disrupts these activated neurons, the scientists also show that inactivating these specific mPFC neurons can lessen the reinstatement of heroin-seeking behavior in relapsing rats.

doi: 10.1038/nn.2758

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度