Research press release

栄養の神経科学

Nature Neuroscience

The neuroscience of nutrition

オメガ3(ω3)の不足した食餌を長期間与えられたマウスは、特定の脳領域の可塑性と情動行動に影響を受けることが、Nature Neuroscience(電子版)に報告される。以前の研究で、特に欧米諸国の人々はω3(n-3)不飽和脂肪酸が食事に不足していることが示唆されており、この研究が栄養障害やそれに合併する気分障害に対する研究に知見をもたらす可能性がある。

O ManzoniとS Layeらは、妊娠中にω3欠乏食をとった母親から生まれ、自らもω3欠乏食で育ったマウスは、バランスのとれた食餌で育ったマウスに比べ、不安と抑うつの増大を示すような行動を示すことを発見した。このω3欠乏食で育ったマウスの脳組織の記録から、ある種のシナプス可塑性の不足、すなわち長期抑圧が前辺縁前頭前皮質と側座核という2つの脳領域で明確にみられた。この2領域は、以前に情動行動と気分障害に結びつけられている。著者らは、特定の可塑性が不足する根底には、カンナビノイド受容体1型を経由するシグナル伝達の特異的な欠損があることも見いだした。

Insufficient levels of omega-3 in the long-term diets of mice affects plasticity in specific brain regions and emotional behaviour, suggests a study published online this week in Nature Neuroscience. Because previous research has suggested that some people’s diets — particularly those in western countries — lack sufficient omega-3 (n-3) polyunsaturated fatty acids, this research has the potential to inform studies of malnutrition and its comorbidity with mood disorders in humans.

Olivier Manzoni, Sophie Laye and colleagues found that mice whose mothers had eaten a diet deficient in omega-3 during their gestation and were raised on the deficient diet themselves, exhibited behaviour suggestive of increased anxiety and depression, compared to mice raised on a balanced diet. Recording from the brain tissue of these omega-3-deficient mice revealed a lack of a type of synaptic plasticity, long-term depression, specifically in two brain regions, the prelimbic prefrontal cortex and the nucleus accumbens, which have been previously implicated in emotional behavior and mood disorders. The authors also found that a specific deficit in signaling via the cannabinoid type 1 receptor was underlying the specific plasticity defect.

doi: 10.1038/nn.2736

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度