Research press release

もし鳥がしゃべれたら

Nature Neuroscience

If birds could talk?

ソングバード(スズメ目の鳴き鳥)は人工の文法体系の規則を学習する能力があることが、Nature Neuroscience(電子版)に発表された研究で報告されている。この種の階層的言語構造を処理する能力は、これまではヒト独自のものと考えられていた。

ソングバードはヒトの言語の前駆的機能の基礎になる神経回路のモデルとして昔から利用されているが、この研究はソングバードがそれほど高度な能力をもつことを示唆する最初の研究の1つである。

京都大学の安部健太郎らは、ソングバードが野生の鳥のさえずりを聞き分けるためにその音節群のシンタックス(系統的配列)に関する情報を利用できるかどうか調べた。さらに彼らは、自作のさえずりによって鳥に人工的な文法規則を教えた。どちらの場合も、鳥はさえずりの構造に鋭敏になったようにみえた。

Songbirds have the ability to learn the rules of an artificial grammar system, reports a new study published online this week in Nature Neuroscience. The ability to process this type of hierarchical language structure was previously thought to be specific only to humans.

Although songbirds have traditionally been used to model the neural circuitry underlying precursor functions to human language, this is among the first studies to suggest that songbirds have such sophisticated abilities.

Kentaro Abe and colleagues tested whether songbirds could use information about syntax in the syllables of natural birdsong to discriminate between songs. They also taught the birds artificial grammatical rules from songs which the authors created. In both cases, the birds appeared to be sensitive to the structure of the songs.

doi: 10.1038/nn.2869

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度