Research press release

ダイエットなしでも細身のまま

Nature Neuroscience

Staying lean without a diet

Nature Neuroscience(電子版)に、やせていて肥満に抵抗性のあるマウスの系統が報告されている。それにより、食物摂取と体重の調節に重要な神経回路について貴重な手がかりも提示され、肥満と闘う薬剤の開発に有望な標的が示唆されている。

ハーバード大学医学部のB Lowellらは、マウスに遺伝子導入をほどこし、視床下部にある一群の神経細胞が抑制性神経伝達物質GABAの放出能力を特異的に欠失するように操作した。視床下部は、空腹や口渇、体温などの調節過程に重要な脳領域である。このマウスは高脂肪食を与えられたにもかかわらず肥満にならなかった。なおかつ、食欲増進ホルモンの作用にも抵抗性があった。

この研究は、正常なエネルギー収支には視床下部の抑制性神経伝達が必要なことを明らかにしており、また抗肥満薬開発の有望な標的を示唆している。

A study published online in Nature Neuroscience reports a strain of mice that are lean and resistant to obesity. By doing so, the study also offers valuable clues to the neuronal circuit critical to control food intake and body weight, and suggests a possible target for the development of drugs to combat obesity.

Bradford Lowell and colleagues at Harvard Medical School created transgenic mice that specifically lacked the ability to release the inhibitory neurotransmitter GABA in a subset of neurons in the hypothalamus ? the area of the brain important for controlling processes such as hunger, thirst and body temperature. These animals did not become obese despite being put on a high-fat diet, and were also resistant to the effects of an appetite stimulating hormone.

As well as showing that normal energy balance requires inhibitory neurotransmission in the hypothalamus, this study also suggests a possible target for developing drugs for obesity.

doi: 10.1038/nn.2167

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度