Research press release

神経性無食欲症患者の食べ物の選択について理解する

Nature Neuroscience

Understanding food choices in anorexia nervosa

神経性無食欲症の患者が常に低カロリー食品を選ぶことが、習慣的行動に関与することの知られた脳領域の活動増加と関連しているという報告が、今週のオンライン版に掲載される。この新知見は、神経性無食欲症の背後にある神経機構に関する手掛かりとなっている。

神経性無食欲症は複雑疾患の一種だが、常に低カロリー食品と低脂肪食品を選ぶという高度に定型化した特徴があり、その特徴は、患者が体重を増やす治療法を始めることに決めた後でも持続することがある。これまでには、被験者が食べ物を受動的に見た後で、それに対する応答としての脳の活動を調べた研究があるが、食べ物を能動的に選ぶことの背後にある機構は解明されていない。

今回、Karin Foerde、Joanna Steinglassの研究グループは、神経性無食欲症の治療のために入院した患者21人と対照群健常者21人が参加した研究で、健康に良い食品としての評価と味の評価がそれぞれ異なる食品を選択させた。参加者がこの食品の選択を重要なことと感じるように、選択された食品は実験後に軽食用として参加者に与えられた。この実験で、神経性無食欲症の患者が選んだ高脂肪食品の数は、常に健常者よりも少なかった。被験者が食品の選択を行う際には機能的磁気共鳴画像法(fMRI)が実施され、神経性無食欲症の患者が食品を選んでいる時に背側線条体という脳領域の活動が増加することが判明した。さらにFoerdeたちは、食品の選択と背側線条体の活動量の両方からその翌日の神経性無食欲症の患者の現実世界での実際のカロリー摂取量を予測できることも明らかにした。以上の知見は、背側線条体の活動の変化が、他の不適応行動の場合と同じように、神経性無食欲症においても何らかの役割を果たしている可能性を示している。

Consistent choice of low-calorie foods in anorexia nervosa (AN) is associated with increased activity in a brain region known to be involved in habitual behavior, reports a study published online in Nature Neuroscience. The findings provide insight into the neural mechanisms underlying AN.

Though AN is a complex illness, one highly stereotyped feature is persistent selection of low-calorie and low-fat food, which can continue even after individuals choose to enter treatment to gain weight. While previous research has examined brain activity in response to passive viewing of food, the mechanisms underlying active food choices are unclear.

Karin Foerde, Joanna Steinglass and colleagues studied 21 patients hospitalized for treatment of AN and 21 healthy control subjects as they made choices between food items that differed in health and taste ratings. To ensure that the choices mattered to the participants, they were given a snack of one of the items they chose following the experiment. The authors found that AN patients consistently choose fewer high-fat items than healthy subjects. Functional magnetic resonance imaging performed while they made these choices indicated that AN patients have increased activity in their dorsal striatum brain region when making choices about what to eat. Furthermore, the authors show that both food choice and the amount of dorsal striatum activity can predict an AN patient’s actual caloric intake in a real-world meal the following day. These findings suggest that altered dorsal striatal activity may play a role in AN, as it does in other maladaptive behaviors.

doi: 10.1038/nn.4136

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度