Research press release

ハンチントン病における共食いの失敗

Nature Neuroscience

Failure of cannibalization in Huntington disease

ハンチントン病(HD)では蓄積した変異体タンパク質を取り除けないが、その原因は、破壊したいタンパク質を神経のタンパク質分解装置が認識して包み込むのがうまくいかないためである。Nature Neuroscience(電子版)に発表された研究は、HDの治療に有効となりうる標的を示唆している。

HDの細胞学的特徴の1つに変異体タンパク質ハンチンチンの蓄積があり、この蓄積は最終的に脳の細胞死につながる。過剰に蓄積したタンパク質は通常、細胞が分解の目印をつけられたタンパク質と自己の成分とを同時に消化するオートファジー(自己食作用)とよばれる細胞反応により除去される。神経変性疾患では、異常なオートファジーもみられる。

A M Cuervoらは、HD患者の細胞とHDモデルマウスの細胞を利用し、タンパク質を分解装置へと運ぶ細胞内「輸送車」が積み荷を認識できないことを明らかにした。Cuervoらは、変異体ハンチンチンが適切に取り除かれないので、HD細胞特有のタンパク質凝集物が増加して細胞の欠陥が起こると考えている。

The inability to get rid of mutant protein accumulation in Huntington's disease (HD) is because the neuronal protein degradation machinery fails to recognize and package proteins for destruction. The work published online this week in Nature Neuroscience suggests potential therapeutic targets that may be beneficial for HD.

One of the cellular hallmarks of HD is the accumulation of the mutant protein Huntingtin which eventually leads to cell death in the brain. Normally, excess protein accumulation can be removed by a cellular process called autophagy in which cells digest their own components along with any proteins that are tagged for degradation. Abnormal autophagy is also seen in other neurodegenerative disorders.

Using cells collected from HD patients and mouse models of HD, Ana Maria Cuervo and colleagues show that the cellular 'vehicles' which deliver proteins to the degradation machinery, fail to recognize their cargoes. Because mutant Huntingtin is not cleared away properly, the scientists attribute this cellular defect to an increase of protein aggregates that is characteristic of HD cells.

doi: 10.1038/nn.2528

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度