Research press release

視覚認知の「大きさ」

Nature Neuroscience

Sizing up visual perception

脳の一次視覚野の大きさは、よく知られた2種類の錯視を人が見るときの仕組みと相関することが、Nature Neuroscience(電子版)の論文で報告されている。この脳領域は視覚認知に重要なことが知られているが、今回の研究では、その大きさもまた意識的視覚体験を調節することが示唆されている。

S Schwarzkopfらは、機能的磁気共鳴画像法により、被験者の一次視覚野(V1)を含む一連の視覚野を区分けした。次に被験者のV1表面積を算定し、単 純な幾何学図形だが実際とは面積が異なって見える2種類のよく知られた錯視を見せた。

その結果、被験者の一次視覚野が大きいほど錯覚の度合いが小さいことがわかった。この相関は一次視覚野に特異的で、調べた他の視覚野にはなかった。この結果、意識的視覚体験の変動は一部にはV1のサイズの変動による可能性が示唆される。

The size of the primary visual cortex in the brain correlates with how people see two common visual illusions, reports a study published online this week in Nature Neuroscience. This brain area is known to be important for visual perception, but this work suggests its size also modulates conscious visual experience.

Samuel Schwarzkopf and colleagues used functional magnetic resonance imaging in a group of volunteers to map out a set of visual areas, including the primary visual cortex (V1). They then worked out the V1 surface area of each person, and showed their volunteers two common visual illusions, where the size of simple geometrical shapes appears to be different from what it really is.

The researchers found that the larger the primary visual cortex in each individual, the smaller the magnitude of illusion. This correlation was specific to the primary visual cortex, and was not there for other visual areas tested. These results therefore suggest that the variability in conscious visual experience may partially be down to variability in the size of V1.

doi: 10.1038/nn.2706

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度