Research press release

目を使わずに光を感じる

Nature Neuroscience

Sensing light without eyes

Nature Neuroscience(電子版)に掲載される論文によると、目をもたず地下で生活しているにもかかわらず、線虫C. elegansは実際にものが「見える」らしい。

    S Xuらは、線虫の頭部または尾部に光を当てると、線虫はそれを避けるように動くことを発見した。例えば、前方に動いていた線虫の頭部に閃光を当てると動きが止まり、逆方向へ向く。

    Xuらは、この応答に重要な感覚ニューロン群も同定した。光は環状ヌクレオチド開口イオンチャネルに作用し、それによってこれらの細胞群が興奮することが明らかにされた。脊椎動物視細胞も同様のチャネルに依存しているので、光を感じる過程は線虫、脊椎動物で保存されている可能性がある。

Despite not having eyes and living underground, the roundworm C. elegans can actually ‘see’, suggests a paper online in Nature Neuroscience this week.

Shawn Xu and colleagues discovered that when they focussed light on either the head or tail of worms, the worms moved to avoid light ? for instance, if a flash of light was focused on the head of a worm moving forward, it would stop its forward movement and reverse direction. The authors also identify a group of sensory neurons that were critical for this response.

The authors reveal that light excites these cells by acting on cyclic nucleotide gated ion channels. Vertebrate photoreceptor cells also depend on similar channels, suggesting that light-sensing processes may be conserved in both nematodes and vertebrates.

doi: 10.1038/nn.2155

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度