Research press release

地球科学:ユーラシア氷床の部分的な崩壊が急速な海水準上昇をもたらした可能性

Nature Geoscience

Geoscience: Partial Eurasian ice sheet collapse may have led to rapid sea level rise

ユーラシア氷床の一部が約1万4650年前に崩壊し、400年未満の間に、全球海水準の12から14メートルの上昇に大きく寄与したすることを示した論文が、Nature Geoscience に掲載される。

最終氷期極大期は、地球史の中の1つの期間で、約3万3000年前に始まり、全球の温度が低く北半球の大部分が厚い氷床に覆われていたという特徴を持つ。この期間のユーラシア氷床の氷の体積は、最大で現在のグリーンランド氷床のおよそ3倍であり、その時代で3番目に大きな氷床であった。しかし、ユーラシア氷床の融解の大半は、融水パルス1Aとして知られる約1万4600年前の急速な海水準上昇(急速な気候温暖化の時期と一致する)に寄与するには早過ぎたと考えられている。

今回、Jo Brendryenたちは、ノルウェー海で得られた堆積物コアの年代データに基づいてこれらの事象の時期を分析した。詳細に年代を再現した結果から、ユーラシア氷床の一部(現在の西南極氷床の大きさに匹敵)が融解したのは、融水パルス1A事象と同時期であり、氷床の崩壊は500年以内の期間に急速に発生したことが示された。著者たちは、ユーラシア氷床のこの後期の融解が、12〜14メートルの急速な全球海水面上昇の20〜60%に寄与した可能性を示唆している。

今回の知見により、今日のそうした急速な崩壊に対する現代の氷床の脆弱性のより良い理解がもたらされるかもしれない。

Portions of the Eurasian Ice Sheet collapsed around 14,650 years ago, and substantially contributed to a 12- to 14-metre global sea-level rise in fewer than 400 years, according to a paper published in Nature Geoscience.

The Last Glacial Maximum was a period in Earth’s history that began around 33,000 years ago and was characterized by low global temperatures and vast ice sheets that covered much of the Northern Hemisphere. During this period the Eurasian Ice Sheet’s maximum ice volume was approximately three times greater than that of the modern-day Greenland Ice Sheet. It was the third-largest ice sheet at that time. However, much of the Eurasian Ice Sheet was thought to have melted too early to contribute to the rapid sea-level rise some 14,600 years ago, known as the Meltwater Pulse 1A event, that coincided with a period of abrupt climate warming.

Jo Brendryen and colleagues analysed the timing of these events based on age data of sediment cores from the Norwegian Sea. The detailed age reconstruction showed that the melting of part of the Eurasian Ice Sheet — which is comparable in size to the modern West Antarctic Ice Sheet — was coincident with the Meltwater Pulse 1A event, and that the ice-sheet collapse was fast, occurring over a period of less than 500 years. The authors suggest that this later melting of the Eurasian Ice Sheet may have contributed 20–60% of the rapid 12- to 14-metre global sea-level rise.

These findings may provide a better understanding of the vulnerability of modern ice sheets to such rapid collapse today.

doi: 10.1038/s41561-020-0567-4

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度