Research press release

NLRC4遺伝子の変異を原因とする自己炎症性症候群

Nature Genetics

Mutations in NLRC4 cause autoinflammatory syndromes

2つの独立した研究によって、2種類の自己炎症性症候群が発見され、NLRC4遺伝子の変異が原因であることが分かった。自己炎症性症候群は、最近発見された疾患群で、自然免疫系の問題により全身性炎症が起こる。

 NLRC4遺伝子から作られるタンパク質は、インフラマソーム(自然免疫応答で中心的な役割を果たすタンパク質複合体)を構成している。インフラマソームを構成するタンパク質の一部が変異すると、自己炎症性疾患(周期性発熱症候群ともいう)を引き起こし得る。

R Liftonたちは、重症の消化管合併症と慢性炎症を伴う新しいタイプの周期性発熱症候群を報告し、NLRC4遺伝子に生じた単一の変異がこの症候群の原因であることを示した。

一方、S Cannaたちは、Liftonたちが報告した症候群と類似するがより軽症の症候群にかかった7か月の患者について報告している。この症候群の原因は、NLRC4遺伝子に生じた別の変異であった。2つの研究グループは、それぞれの変異によって、インフラマソームが常時構成的に活性化されることを明らかにした。

また、Cannaたちは、1人の患者について、特定のサイトカイン(インフラマソームから放出されるタンパク質で、炎症を引き起こす)の作用を阻害する薬を投与することで、周期性発熱症候群の症状の大部分を軽減できたことも報告している。この結果は、NLRC4遺伝子に変異のある患者にとっての新しい治療法の可能性を示唆している。

Two new autoinflammatory syndromes, caused by different mutations in the NLRC4 gene are reported in two independent studies published online this week in Nature Genetics. Autoinflammatory syndromes are a recently discovered group of illnesses that cause systemic inflammation due to problems with the innate immune system.

The protein produced from the NLRC4 gene is one of several proteins, which make up the inflammasome, a protein complex that plays a central role in the innate immune response. Mutations in some inflammasome proteins can cause autoinflammatory diseases, which are also known as periodic fever syndromes.

In one study, Richard Lifton and colleagues describe members of a family with a novel type of periodic fever syndrome, which is accompanied by serious gastrointestinal complications and chronic inflammation. They find that the syndrome is caused by a single mutation in NLRC4.

In a separate study, Scott Canna and colleagues describe a similar, but less severe syndrome in a seven-month old, which is caused by a different mutation in NLRC4. Both groups found that the mutations cause the inflammasome to be constantly active.

Canna and colleagues also reported that they were able to alleviate most of the symptoms of periodic fever syndrome in one patient by treating her with a drug that blocks the action of specific cytokines (inflammation-causing proteins released by the inflammasome). These findings suggest a potential treatment option for patients with these mutations.

doi: 10.1038/ng.3066

doi:10.1038/ng.3089

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度