Research press release

「1000頭の雄ウシ」プロジェクト第1期の成果

Nature Genetics

Genetics: Phase I of the 1000 Bulls project

ウシの健康増進だけでなく、酪農業と牛肉産業の支援を目的とする大型プロジェクトが進行中だが、このほど、234頭のウシの全DNA塩基配列が解読された。その詳細を報告する論文が、今週オンライン版に掲載される。

今回、Ben Hayesたちは、ホルスタイン-フリージアン種、フレックフィー種、ジャージー種の合計232頭の雄ウシと2頭の雌ウシのゲノムについて塩基配列解読を行った。解読対象となったのは、この3集団の「重要な祖先個体」であり、ここに、それぞれの種の遺伝的多様性の大半が含まれていると考えられている。

Hayesたちは、解読したDNA塩基配列を用いて、胚死亡(ウシの繁殖力減退の主な原因)、骨格奇形、産乳量、縮毛に関連する遺伝子を同定した。こうした知見が得られたことで、今後は、より直接的な方法で健康なウシを選別して、食肉と牛乳の生産効率を高めることができるかもしれない。

The complete DNA sequences of 234 cattle are reported in a paper published online this week in Nature Genetics. The sequences are part of a larger project aimed at improving the health of cattle, as well as helping the dairy and beef industries.

Ben Hayes and colleagues sequenced the genomes of 232 bulls and 2 cows from the Holstein-Fresian, the Fleckvieh and the Jersey breeds. The animals selected were “key ancestors” from these three populations, meaning that they should contain the majority of the genetic variation found in each breed.

The researchers used the DNA sequences to locate genes linked to embryonic death-a major source of reduced fertility in cattle-skeletal deformities, milk production and curly coats. These findings could allow for more direct selection of healthy cattle in the future, which can increase the efficiency of meat or milk production.

doi: 10.1038/ng.3034

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度