Research press release

カレイ目魚類のゲノムと性染色体の進化

Nature Genetics

Flatfish genome and sex chromosome evolution

カラアカシタビラメ(Cynoglossus semilaevis)の全ゲノム塩基配列が解読され、その結果を報告する論文が掲載される。これは、カレイ目魚類で初めての全ゲノム塩基配列解読であり、性染色体の進化に関する手掛かりがもたらされた。

カラアカシタビラメは、生息地を外洋から海底に変えるが、その際に、新しい環境への適応の一環として、左右対称な体から左右非対称な体に変態する。

今回、Songlin Chenたちは、中国に生息するカラアカシタビラメの雄(2つのZ染色体を有する)と雌(Z染色体とW染色体を有する)のゲノムの塩基配列を解読、解析した。そして、この解析結果から、カラアカシタビラメの性染色体(Z染色体とW染色体)の構造と進化に関して、1つの考え方が導き出された。それは、これらの性染色体が、一対の常染色体(性染色体以外の染色体)から進化したという考え方だ。また、Chenたちは、変態の前後で異なった発現調節を受ける遺伝子を同定した。このことは、これらの遺伝子が、海底環境への適応に関与していることを示唆している。

The whole-genome sequence of the half-smooth tongue sole, the first flatfish to be sequenced, is reported in Nature Genetics. The work provides insights into the evolution of sex chromosomes.

The half-smooth tongue sole undergoes a transition from living in the open sea to seabed during which time the fish undergoes a metamorphosis as part of adaptation to the new environment, shifting from a symmetric to asymmetric body shape.

Songlin Chen and colleagues sequenced the genomes of a male (which has sex chromosomes ZZ) and a female (ZW) Chinese half-smooth tongue sole, Cynoglossus semilaevis. Their analyses provide a view into the structure and evolution of the tongue sole sex chromosomes Z and W and suggest that they evolved from a pair of autosomes (chromosomes that are not sex chromosomes). They also identify genes showing differential regulation between pre and post-metamorphosis fish, suggesting an involvement of these genes in adaptation to the seabed environment.

doi: 10.1038/ng.2890

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度