Research press release

ロシアにおける薬剤耐性結核

Nature Genetics

Drug resistant tuberculosis in Russia

ロシア国内で薬剤耐性結核(TB)の罹患率が高い地域の患者から採取された結核菌株の全ゲノム塩基配列解読について報告する論文が、今週掲載される。この大規模な遺伝的研究で、罹患率が高い集団での薬剤耐性結核の出現と進化に関する手掛かりが得られた。

ロシアのサマーラは、多剤耐性結核と超多剤耐性結核の罹患率が高い。今回、Francis Drobniewskiたちは、サマーラで2年間に患者から採取した1,000例の結核菌株のゲノム全体の塩基配列を解読し、英国の患者から単離された多様な菌株のパネルと比較した。そして、ロシアで採取された薬剤耐性菌株の構造を調べて、これらの菌株が2つの主要な系統に属することを発見した。つまり、642例が北京系統株で、355例が欧米系統株であることが明らかになった。また、薬剤耐性と薬剤耐性変異のパターンの解析も行われ、多剤耐性結核菌株において補償的な変異が生じ、菌株の適応度と感染力が増強された実例が明らかになった。

Whole-genome sequencing of Mycobacterium tuberculosis strains from patients in a region of Russia with high levels of drug resistant tuberculosis (TB) cases are reported this week in Nature Genetics. This large genetic survey provides insights into the emergence and evolution of drug resistant tuberculosis within a high incidence population.

Francis Drobniewski and colleagues sequenced the whole-genomes of 1,000 M. tuberculosis strains obtained from patients over a two-year period in Samara, Russia, which has a high incidence of multiple-drug resistant TB and extensively drug-resistant TB. The authors compared these strains to a diverse panel of strains isolated from patients in the United Kingdom. They examine the structure of the Russian drug resistant strains, finding that these belong to two main lineages: 642 strains belong to the Beijing lineage and 355 strains to the EuroAmerican lineage. They characterize patterns of drug resistance and drug resistance mutations, and find examples of compensatory mutations emerging in multiple-drug resistant TB strains that increase strain fitness and transmissibility.

doi: 10.1038/ng.2878

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度