Research press release

体細胞の再プログラム化を制御するRNA

Nature Genetics

RNAs regulate reprogramming

体細胞の再プログラム化とは、ある1つの運命に従って分化した細胞を誘導多能性幹細胞に変換するために用いられる過程のことだが、今回、体細胞の再プログラム化を制御する長鎖非コードRNA(lincRNA)が同定された。この研究により、体細胞の再プログラム化におけるlincRNAの機能が初めて実証された。研究成果を報告する論文は、Nature Genetics(電子版)に掲載される。

lincRNAは、哺乳類ゲノムにコードされており、進化的に保存されている。lincRNAにはタンパク質がコードされていないが、RNA分子が何らかの機能を果たしている。lincRNAが数多く存在していることは知られているが、生物学的役割の判明しているlincRNAは非常に少ない。

今回G Daleyらは、その1つであるlincRNA-RoRが、線維芽細胞と血液細胞の誘導多能性幹細胞への再プログラム化を制御していることを報告し、さらには、lincRNA-RoRの発現レベルが上昇すると再プログラム化の効率が向上することも明らかにしている。

Long noncoding RNAs (lincRNAs) regulate somatic cell reprogramming — the process used to convert cells committed to one fate into induced pluripotent stem cells. These findings, published online this week in Nature Genetics, are the first demonstration of a function for lincRNAs in somatic cell reprogramming.

LincRNAs are encoded in the mammalian genome and are evolutionarily conserved. The biological roles of lincRNAs, which don’t encode proteins but rather have functions carried out by the RNA molecule are known for only a few of the many known lincRNAs.

George Daley and colleagues report that one such region, the lincRNA-RoR, regulates reprogramming of fibroblasts and blood cells into induced pluripotent stem cells. The authors further show that increased levels of lincRNA-RoR improves reprogramming efficiency.

doi: 10.1038/ng.710

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度