Research press release

アメリカ鉤虫のゲノム塩基配列解読

Nature Genetics

Hookworm genome sequenced

最も一般的な土壌伝播寄生虫で、ヒトとその他の動物に感染する鉤虫のゲノム概要塩基配列について報告する論文が掲載される。

土壌伝播寄生虫である蠕虫類は、顧みられない熱帯病(NTD)の主たる原因の1つで、全世界で推定10~20億人が感染している。蠕虫類は、汚染された土壌を介して伝播し、動物宿主の腸内に生息する。鉤虫には、全世界で推定7億人が感染しており、臨床的貧血、妊娠期栄養失調症、そして、小児の認知発達障害や身体発育障害などの症状を引き起こす可能性がある。

今回、Makedonka Mitrevaたちは、ヒト鉤虫の一種であるアメリカ鉤虫のゲノムの塩基配列解読を行い、ヒト宿主の感染とヒト宿主との相互作用、そして、吸血と生育に関与する遺伝子の特徴を明らかにし、この知見を利用して、薬物標的と新たな治療介入の候補に優先順位をつけた。また、タンパク質マイクロアレイを用いて、感染者の血液のスクリーニングを行い、抗鉤虫免疫応答の標的候補となる抗原を同定した。

The draft genome sequence of the hookworm, the most common soil-transmitted parasitic worm, which can infect humans and other animals, is reported in Nature Genetics.

Soil transmitted parasitic worms, called helminths, are a major cause of neglected tropical diseases (NTDs), affecting an estimated 1-2 billion individuals worldwide. These parasitic worms are transmitted through contaminated soil and live in the intestines of their animal host. An estimated 700 million individuals worldwide are infected with hookworm, causing a range of possible symptoms including clinical anaemia, malnutrition during pregnancy, as well as impaired cognitive and/or physical development in children.

Makedonka Mitreva and colleagues sequenced the genome of the human hookworm Necator americanus. They characterize genes involved in infection of and interaction with the human host, blood feeding and development, and use this to prioritize candidate genes for drug targets and new interventions. They also use a protein microarray to screen blood of infected individuals and identify antigens that are potential targets of anti-hookworm immune responses.

doi: 10.1038/ng.2875

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度