Research press release

アルツハイマー病に関連する遺伝子多様体

Nature Genetics

Variants associated with Alzheimer’s disease

アルツハイマー病に関連する遺伝子多様体について報告する研究論文が、今週オンライン版に掲載される。

今回、Philippe Amouyelたちは、大規模な関連解析を行った。最初に、17,008人のアルツハイマー病患者と37,154人の健常者を対象とした全ゲノム関連解析を行い、次いで、8,572例のアルツハイマー病症例と11,312人からなる対照群を対象とした第2段階の解析を行った。その結果、すでに確立されているAPOE遺伝子座の関連に加えて、遅発性アルツハイマー病と有意に関連する19のゲノム領域が同定され、そのうちの11領域は今回新たに感受性座位として同定された。以上の新知見は、これまでアルツハイマー病の病態に関係すると考えられてきた経路(例えば、免疫応答、炎症、細胞移動、脂質輸送の各経路)の存在を裏付けている。また、Amouyelたちは、アルツハイマー病の発症リスクに関わっていると考えられる新たな候補遺伝子と経路も指摘している。

Genetic variants associated with Alzheimer’s disease are reported in a study published this week in Nature Genetics.

Philippe Amouyel and colleagues conducted a large scale association analysis, starting with a genome-wide association study including 17,008 individuals with Alzheimer’s and 37,154 healthy controls, followed by a second stage study including an additional 8,572 cases of the disease and 11,312 controls. In addition to the well-established association at the APOE locus, they identified 19 genomic regions significantly associated with late-onset Alzheimer’s disease, 11 of which are new susceptibility loci. Their findings reinforce pathways previously implicated in Alzheimer’s disease pathology, including immune response, inflammation, cell migration and lipid transport pathways. They also suggest new candidate genes and pathways that may be involved in disease risk.

doi: 10.1038/ng.2802

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度