Research press release

統合失調症に関連する遺伝子多様体

Nature Genetics

Variants associated with schizophrenia

統合失調症に関連する遺伝子多様体について報告する論文が、今週オンライン版に掲載される。

このほど、Patrick Sullivanたちが、スウェーデンの5,001症例と6,243健常対照例とPsychiatric Genomics Consortium(精神疾患ゲノミクスコンソーシアム)での国際的研究による8,832症例と12,067対照例について、統合失調症の多段階ゲノムワイド関連解析を実施した。その結果、統合失調症に関連する22のゲノム領域が同定され、そのうちの13領域は今回新たに同定されたものであり、別の1領域は過去に双極性障害に関連する領域として同定されていた。これらの領域に存在する候補遺伝子の解析も行われ、ニューロンでのカルシウムチャネルシグナル伝達が統合失調症感受性に何らかの役割を果たしていることが示唆されている。

Genetic variants associated with schizophrenia are reported in a study published this week in Nature Genetics.

Patrick Sullivan and colleagues report a multi-stage genome-wide association study for schizophrenia, including 5,001 cases and 6,243 healthy controls from Sweden, as well 8,832 cases and 12,067 controls from international studies within the Psychiatric Genomics Consortium.They identify 22 genomic regions associated with schizophrenia; 13 of these are new and one of these was previously found to be associated with bipolar disorder. Their analysis of candidate genes at these regions suggests a role for neuronal calcium-channel signaling pathways in susceptibility to schizophrenia.

doi: 10.1038/ng.2742

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度