Research press release

食道がんと胃がんに関連する遺伝的多型

Nature Genetics

Variants associated with esophageal and gastric cancers

食道がんと胃がんの両方に関連する遺伝的多型について報告する2つの研究論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。これらの論文は、患者数の多い食道がんと胃がんの発生病理に何らかの共通のメカニズムが存在する可能性を示唆している。

食道扁平上皮がんと胃がんは、それぞれアジアの地域での罹患率が最も高く、中国では最も多いがんに分類されている。L-D Wangらは、中国の症例(合計9,053例)を対象とした食道扁平上皮がんのゲノムワイド関連解析について報告している。今回の解析で、Wangらは、食道扁平上皮がんに関連する2つのゲノム領域を同定し、さらに胃がん症例(2,766例)を対象とした関連解析で、この同じ2つのゲノム領域が胃がんにも関連していることを見いだした。

これとは別に、C Abnetらは、中国での5つの独立した研究による胃がん症例(2,240例)と食道扁平上皮がん症例(2,115例)を対象とした食道扁平上皮がんと胃がんのゲノムワイド関連解析を並行して行った。この解析では、Wangらが同定したゲノム領域の1つが食道がんと胃がんの両方に関連するゲノム領域として同定された。

Genetic variants associated with both esophageal and gastric cancer are reported in two studies published this week in Nature Genetics. This suggests there may be some shared mechanism in pathogenesis of these two common cancers.

Esophageal squamous cell carcinoma (ESCC) and gastric cancer each show the highest prevalence in regions of Asia, and are two of the most common cancers found in China. Li-Dong Wang and colleagues report a genome-wide association study for ESCC in a combined 9,053 cases from China. They identify two genomic regions associated with ESCC, and find that both regions are also associated with gastric cancer in 2,766 gastric cancer cases.

In an independent companion study, Christian Abnet and colleagues report genome-wide association studies for ESCC and gastric cancers, conducted in parallel, in a total 2,240 gastric cancer cases and 2,115 ESCC cases from five independent studies in China. The authors identified one of the same genomic regions found by Wang and colleagues as associated with both ESCC and gastric cancer.

doi: 10.1038/ng.648

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度