Research press release

結核に関連する遺伝的多型

Nature Genetics

Variants associated with tuberculosis

結核感受性に関連する遺伝的多型について報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。今回の解析研究は、アフリカ人集団を対象とし、説得力をもって感染症感受性に関連する遺伝的多型を同定した数少ないゲノムワイド関連解析の1つといえる。

結核の発症者数は世界で年間900万人と推定され、活動性結核を原因とする死者は130万人に上る。結核の罹患率は、アフリカと東南アジアの開発途上国で最も高い。

A Hillらは、ガーナとガンビアの合計1万1,425人を対象として、肺結核についてのゲノムワイド関連解析を実施し、結核の発症に関連する1つのゲノム領域を同定した。

Genetic variants associated with tuberculosis susceptibility are reported this week in Nature Genetics. This represents one of the few genome-wide association studies in African populations to convincingly identify genetic variants associated with susceptibility to an infectious disease.

Tuberculosis has an estimated global annual incidence of 9 million, and 1.3 million deaths are attributed to active disease. The highest burden of disease is found in developing countries of Africa and South-East Asia.

Adrian Hill and colleagues report a genome-wide association for pulmonary tuberculosis, in a combined group of 11,425 individuals from Ghana and The Gambia. They identify a single genomic region associated with progression to disease.

doi: 10.1038/ng.639

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度