Research press release

クローン病に関連する遺伝的多型

Nature Genetics

Variants associated with Crohn’s disease

今週のNature Genetics(電子版)には、クローン病に関連する新たな遺伝的多型に関する論文が掲載される。クローン病は、慢性炎症性疾患の一種で、消化管の炎症を引き起こす。

M Parkesらは、クローン病の6件の全ゲノム関連解析のメタ解析を行い、その後、別の大規模被験者集団で追試を行った。その結果、クローン病に関連する30のゲノム領域が新たに同定され、これまでに同定されたクローン病感受性座位の数は71となった。

Genetic variants associated with Crohn’s disease are reported this week in Nature Genetics. Crohn’s disease is a chronic inflammatory disease, which causes inflammation of the gastrointestinal tract.

Miles Parkes and colleagues report results of a meta-analysis of six genome-wide association studies for Crohn’s disease, with follow-up validation in a large independent sample collection. They identify 30 genomic regions newly associated with Crohn’s disease. Together with previous studies, this brings the total number of identified susceptibility loci for Crohn’s disease up to 71.

doi: 10.1038/ng.717

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度